音大受験(声楽)対策コース

体験レッスン受付中

くわしくはコチラをクリック

 

音大受験(声楽)を目指す時期について

音大受験(声楽)を目指す時期について、

例えばピアノなどの楽器であれば幼少の頃からスタートさせるケースも多くありますが、

声楽の場合は変声期などもありますから高校生になってからスタートさせるケースが多いです。

ちなみに私は高校二年生の夏から音大受験を目指しました。

私が音大受験を目指した当時は

”高校二年生の夏からでは遅い。今から目指すのであれば一浪を覚悟しておきなさい”

と音大受験の事を相談した先生に言われました。

しかし今は高校二年生の冬や高校三年生になってから音大を目指す方が増えているように思います。

当教室にも高校二年生の冬から音大受験を目指してい生徒さんがいらっしゃいます。

目指す時期が早いほうが合格に有利になる事は確かです。

しかし、目指すのが遅いからと言って音大受験への道が閉ざされているわけではありません。

音大受験を目指すのが遅くてもご本人の努力次第で合格は十分に可能です。

私自身、音大を目指すのが遅かったですが、

様々な方にサポートと、

私自身

”それまでの人生の中で一番努力したのではないか”

と思うくらい努力して、

無事、現役で合格できました。

もし

「音大受験を考えてるけど受験まで時間があまり無いし、どうしよう・・・」

とお悩みの方は、

一度、学校の音楽の先生やご近所の音楽教室の先生にご相談してみてはいかがでしょうか?

色々ある音大入試の方法と要項

音大受験を目指していらっしゃる皆様にまず申し上げたい事としまして

”ます志望校を決めましょう”

志望される音楽大学によって入試の方法や受験科目が異なります。

ですので音大受験を目指したら、まず最低でも3つ志望校を決めましょう。

そして積極的に志望校のオープンキャンパスや入試説明会へ行き、

必要な情報を得ましょう。

因みに現在の日本には国公立の音楽大学は存在しません。

東京藝術大学や京都市立芸術大学など音楽学部を設置している国公立の芸術大学や、

東京学芸大学や大阪教育大学など、特設音楽科を設ける大学はありますが、

純粋に音楽だけの国公立の大学は存在しません。

 

AO入試

AO入試とは、その大学で学習したい意欲や大学への適正、その人の個性や能力などを評価して合否が決まる入試方法です。

AO入試は実施している大学と実施していない大学があるので事前に大学へ確認しましょう。

AO入試は他の入試方法と異なり、

体験授業を受ける事で合否が決まったり、

何かパフォーマンスをすることで合否が決まったり、

大学よって様々ですので事前に大学のオープンキャンパスや入試説明会で確認しましょう

また入試時期は8月から9月までが多いように思います。

AO入試は基本は専願の大学が大半です。

推薦入試

推薦入試は公募推薦と特別推薦、指定校推薦があります。

公募推薦は高校からの推薦と大学が求める出願条件を満たしていれば受験可能な入試方法です。

公募推薦の入試科目は基本的に一般科目は無く声楽、ソルフェージュ、ピアノ、作文、面接を行う大学が多いです。

ただ大学によっては声楽だけ大学もありますし、ある条件を満たせば声楽と作文と面接だけの大学もありますので事前に確認しましょう。

特別推薦については大学によって受けられる条件や入試方法が様々です。

例えば大学の教員からの推薦であれば大学側から能力を認められれば推薦入試当日は面接と作文だけで良いとか、

コンクールで1位を受賞した経験があれば当日は面接だけで良いとか様々ですので事前に大学へ確認する必要があります。

また指定校推薦は大学が指定した特定の高校のみを対象とした推薦入試で、

主に私立大が中心で、高校ごとに推薦枠が決まっています。

高校の学業成績や部活動、課外活動の実績などをもとに校内選抜が行われ、

最終的に推薦枠に選ばれた生徒が、大学の推薦入試を受けられます。

推薦入試の時期は10月から11月までが多いです。

推薦入試は基本、専願としている大学が多いですが一部、併願も可能としている大学もあります。

 

一般入試

一般入試は声楽、ソルフェージュ、ピアノ以外に一般科目の試験があります。

音大受験の一般科目は国語、英語、数学が多いように思います。

また大学によっては3科目であったり2科目であったりしますので事前の確認が必要です。

一般入試の時期はA日程は2月、B日程は3月が多いです。

 

歌唱と新曲視唱の違い

歌唱と新曲視唱の違いについて、

歌唱は楽曲から受ける感動を自らの声で表現することが目的となります。

ですので豊かな感情表現が求められます。

新曲視唱については楽譜に記譜されている事の正確な再現を求められますので、

正確な音程、リズム、テンポなどを楽譜を見てすぐに再現できるかが重要になります。

音大受験(声楽)対策コース

くわしくはコチラをクリック

 

 

現在、定員いっぱいの為、生徒募集を一旦停止させて頂いています。

 

生徒募集停止に伴い体験レッスンの受付も一旦停止させて頂いています。

たくさんのお問い合わせ、ありがとうございました。

空きができ次第、当HP上でお知らせ致します。

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

 

 

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

 

Pocket
LINEで送る