裏声と地声をスムーズにつなげるための方法をいくつか紹介します。

このテクニックは「ブリッジ」や「パッサージョ」と呼ばれることがあります。

以下のステップで練習してみてください。

1. ウォームアップ

声帯を温め、準備することが重要です。

基本的な発声練習やストレッチを行いましょう。

また喉をリラックスさせることは重要です。

喉が緊張すると、裏声と地声のつなぎが難しくなります。

深呼吸をしてリラックスを心掛けましょう。

2. 呼吸法の強化

呼吸のコントロールも重要です。

腹式呼吸をしっかりと身につけ、呼吸が安定するようにしましょう。

 

3.音域を広げる練習

スケール練習: ピアノやキーボードを使って、半音階で上下にスケール発声練習をします。

これにより、音程の移行を練習できます。

 

4.響のポジションの統一

地声でも裏声でも同じポジションで声を出す練習をします。

ハミング練習:裏声でハミングの練習をします。この時に声の響きを感じるポジションを覚えます。裏声のハミングで響きを感じるポジションを覚えたら今度は地声でハミングをします。この時、地声のハミングでも裏声のハミングの時と同じポジションで響くように意識します。

 

5.ブリッジ(パッサージョ)の練習

裏声と地声のつなぎ目(ブリッジ)をスムーズにするためには、以下の練習が効果的です。

半音階の練習: 裏声と地声の切り替えポイントで半音ずつ上がり下がりする練習を行います。

最初はゆっくりと、徐々に速度を上げていきます。

6. 声のバランスを取る

声帯の使い方を調整し、地声と裏声のバランスを取ります。

地声では強く押しすぎず、裏声では力を抜きすぎないようにします。

7. 高音域の発音の意識

浅い発音: 高音域では、浅い発音になるように意識すると、声がスムーズに移行しやすくなります。(子供のような声)

8. 練習曲を使う

実際の曲を使って練習するのも効果的です。

地声と裏声を使い分ける曲を選び、ブレークポイントを意識して歌います。

9. フィードバックを得る

録音して自分の声を聴き返したり、ボイストレーナーに指導を受けることで、客観的なフィードバックを得られます。

まとめ

裏声と地声のつなげ方は練習と忍耐が必要ですが、これらのステップを実践することで、スムーズな移行を目指せます。

定期的に練習し、少しずつ改善していくことが重要です。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る