喉仏を下げるボイトレをすると低音 が響くようになります。

理由は大きく分けて2つあって、
①つ目は喉仏を下げることで、喉の空洞が拡がり豊かで深い声の響きになる事。
これは小さいトンネルより大きなトンネルで声を出した方が豊かな響きになる原理です。

②つ目は喉仏が下がる事で声帯がリラックスし低音が出やすくなる事。
低音を出す時に声帯に力が入っていると低音は鳴りにくくなります。
特に喉頭が下顎方向に上がっていると声帯に力が入り過ぎて低音がなりにくくなります。
理想的な低音を出すには、声帯をリラックスさせておく必要があります。

本日のまとめ
喉仏を下げるボイトレをすると低音 が響くようになる理由は
①つ目は喉仏を下げることで、喉の空洞が拡がり豊かで深い声の響きになる
②つ目は喉仏が下がる事で声帯がリラックスし低音が出やすくなる。

以上です。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ボイストレーナー小谷

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る