【歌上達】高音やロングトーンの時、ドコで踏ん張る?

 

高音やロングトーンの時、

みなさんはドコで声を支えていますか?

別の言い方をすると、

ドコで踏ん張っていますか?

多くの方は

”喉”

ではないでしょうか。

高音やロングトーンの時、

喉で声を支える、声を踏ん張ると

喉に無駄な力が入ってしまって、

高音が非常に出しにくくなります。

たとえ出たとしても、

非常に聞き苦しい高音でしょう。

またロングトーンも続きません。

そして何より喉を潰してしまいます。

高音やロングトーンの時、

声を支える、声を踏ん張る理想的な部分は、

”横隔膜”

です。

横隔膜で声を支える、または声を踏ん張るようにすると

まず喉に無駄な力が入らなくなります。

そうすると、喉の負担が減り、

喉を潰してしまう事が無くなります。

また高音の時、喉に無駄な力が入らなくなりますから、

楽にキレイな高音を出す事ができます。

また横隔膜を活用できるようになると、

肺の動きをコントロールできるようになります。

そうすると、声量のコントローが容易になり、

ロングトーンも容易になります。

高音やロングトーン、そして喉を潰さない為にも、

横隔膜で”踏ん張る事”は非常に重要です

体験レッスン受付中

詳しくはコチラ

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは、LINE・お電話・ネットから

友だち追加

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る