今回は丹田発声の効果についてのお話です。

丹田発声を行う事で5つの効果が生まれます。

丹田発声の効果①喉が締まらなくなり、高音が出しやすくなる

高音が出しにくい時の喉の状態は、喉頭が下顎方向へ上がり過ぎていて喉が締まり、声が出しにくい状態です。
丹田発声で声を出せれるようになると声を出す時の意識が喉ではなく丹田に向くようになり喉が締まりにくくなります。
また喉頭の内部の息の量が増え、深呼吸の時の喉頭の位置になります。
深呼吸時の喉頭の位置は上がり過ぎず下がり過ぎず安定していますので、高音が出しやすくなります。

丹田発声の効果②声帯の振動数が上がり声量が上がる

声は閉じられた声帯を肺から排出された息が通過し、振動することで声の原音生まれます。
肺から排出された息の量が少ないと声帯の振動数は少なく、声も小さくなります。
肺から排出される息の量が増えれば声帯の振動数が上がり声量も上がります。
丹田発声を行うと肺を押し上げる動きが起こり、排出される息の量が増えます。
マヨネーズの容器をイメージして頂きたいのですが、マヨネーズの容器の底を軽く押すと少量のマヨネーズが出ます。
マヨネーズの容器の底を強く押すと沢山マヨネーズが出ます。
このマヨネーズの容器の底を押す動きが丹田の動きです。
丹田を強く動かすと息の量が増えるので声帯の振動数が上がり声量も上がります。

丹田発声の効果③声量を容易にコントロールできるようになる

②と関連しているのですが丹田発声を使えれるようになると丹田の動きの強さで声量を使い分けできるようになるので、丹田発声を使えれるようになると声量のコントロールが丹田発声を使っていない時に比べてコントロールしやすくなります。

丹田発声の効果④長時間声を出していても声が枯れなくなる

声を直ぐに枯らしてしまう人に多いのが喉だけの力で声を出そうとしている事です。
声は声帯を振動させる呼吸筋、声を共鳴させる共鳴筋、声帯を閉鎖させたり伸展させる声帯関連筋の3つの力で生まれます。
声を直ぐに枯らしてしまう人は声帯関連筋しか使っていないので、声を出す力が喉に集中し過ぎて直ぐに声が枯れてしまいます。
丹田は呼吸筋になりますので丹田発声を行うと、声を出す力が喉以外の部分へ分散されますので、長時間声を出していても声が枯れにくくなります。

丹田発声の効果⑤音程が安定する

歌で音程が悪く感じる特徴としてフラット掛かった音程になる事です。
フラット掛かった音程とは、その音を出しているのだけれども微妙に音程が下がっているように聴こえてしまう状態です。
フラット掛かった音程になる原因に多いのが喉を締めて歌っている事です。
喉を締めてしまうと声帯の上の喉頭蓋が声帯の上を蓋してしまい声の響きが籠ったようになり悪くなります。
丹田発声で歌うと喉が締まらなくなるので喉頭蓋による声の響きの問題が無くなるので音程が良くなります。

今回は以上です。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ボイストレーナー小谷

 

 

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る