当ボイストレーニング教室に通われている方々は様々な理由、目的をもって当ボイストレーニング教室に通われています。
例えばボーカル・コースでは、高音を出したい!
という理由や目的で通われている方が圧倒的に多いです。
高音はボーカル技術の花型ですからね高音を安定的に出せるようになれば、歌える曲が増え、幅が広がり、歌う事がより一層楽しくなります。

  安定して高音を出せるようになるには/h2>
しかしながら、安定して高音を出せるようになるには、ある程度の時間が必要です。
安定して高音を出す為には時間を掛け、じっくり正しいフォームと、正しい歌い方を反復練習し、体に染み込ませ、習得する必要があります。
正しいフォームと、正しい歌い方を習得すればあとは同じ事の繰り返しです。

 水泳の極意 

私は小学生の頃、水泳スクールに通っていましたが、通い始めた頃、水泳スクールの先生に言われた事があります。

”それはまず5メートル泳げるようになりましょう。”

5メートル泳げるようになったら、あとは同じ事の繰り返しだからねこの言葉は数十年たった今も印象的な言葉として、私の脳裏に焼き付いています。
しっかりとした泳ぐフォームや泳ぎ方を習得していないと、5メートルも泳げません。
しかし、一度泳ぐフォームをや泳ぎ方を習得すれば、あとは泳ぐフォームを崩さないように泳げば5メートルは問題なく泳げます。
それ以上泳ぐ場合も、同じ事を繰り返せばイイだけで、あとは体力の問題になってきます。
そうなる為には泳ぐフォームや泳ぎ方を反復練習し、体に染み込ませ、習得しなければいけません。
歌も同じです。

高音を出すために必要なこと 

高音に関していうと、高音を出すには正しいフォームや正しい歌い方の習得が不可欠です。
正しいフォームや正しい歌い方の習得が出来ていなければ、高音を出す事は非常に難しいです。
たとえ、誤ったフォームや、誤った歌い方で高音が出たとしても、それは偶然でしょう。
またその高音は、まるで大声で吠えているような、輝きや美しさの無い、音楽的な高音ではないでしょう。
また、正しいフォームや正しい歌い方で高音を出すと、喉を潰してしまいます。
美しく輝く音楽的な高音を、安定的に出すには正しいフォームや正しい歌い方の習得は不可欠です。

 高音取得までの期間

しかし、その習得は残念ながら短期間では難しいです。
ただし一度、正しいフォームや正しい歌い方の習得すれば、先ほどの水泳のお話と同じです。
同じことを繰り返せばイイのです。
正しいフォームを崩さないように、正しい歌い方を繰り返せば、安定した、美しく輝いた音楽的な高音を出せるようになります。
その為には、前向きなボイストレーニングの継続が大切です。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る