生徒さんのボイストレーニングをしていて、私の最大の喜びは、生徒さんが笑顔で私のボイストレーニングを受けて頂いている時と、私のボイストレーニングの効果を感じて頂いている時です。
先日もボイストレーニング開始当初は高音が出なかった生徒さんが、「最近、高音が楽に出るようになりました」と言って下さり、非常に嬉しく感じました。
ただ本当にスゴイには、その生徒さんです。
私は、お手伝いをしただけです。
高音の習得には時間が掛かります。
時には地味なボイストレーニングをしなければいけません。

高音が出るようになった秘訣

ただ、その生徒さんは前向きに根気よくボイストレーニングを続けて頂きました。
その結果、最初は中音のミの音までしか出なかったのが、一年半で高音のラの音まで出るようになりました。
これは本当にすごい事だと思います。
技術の習得には前向きに根気よく継続する心が必要です。
当然、歌もそうです。
最初は上手く歌えなくても、根気よく前向きに継続しているうちに、「ああ、こういう事か!」とコツを掴んできます。
コツを掴むと、非常に楽しくなります♪
楽しくなると、必然的に、歌う機会を作ろうとします。
そうなると、歌の技術が定着していきます。

反復練習の重要性

私が好きなマンガで「スラムダンク」というバスケットボールを題材にしたマンガがあります。
このマンガで主人公の桜木花道がジャンプシュートを習得する為に、仲間たちと猛練習している話があります。
最初は上手くジャンプシュートを決められない桜木花道ですが、ある一本のジャンプシュートが決まった瞬間、桜木花道は仲間にこう言います。
”今のを忘れないうちに早くパスを!”これは桜木花道がジャンプシュートのコツを掴みかけた瞬間です。
技術の習得は、こういった事の繰り返しだと思います。
コツを掴んでしまえば、あっという間に上達していきます。
しかし、コツを掴むまでには時間が必要です。
桜木花道も何百本とジャンプシュートの練習をして、コツを掴んだのです。
決して、最初の一本だけでコツを掴んだのではありません。
技術の習得には時間が必要である事を理解しなければいけません。
ですので、技術の習得で一番重要な事は、
”前向きに根気よく継続する事”そして”楽しむ事”歌であれば、ボイストレーニングを楽しむ事です。
桜木花道も彼にとってジャンプシュートの猛練習は、楽しい練習だったのです。
技術の習得のポイントは、”前向きに根気よく楽しみながら継続する事”
この事を前提にボイストレーニングを継続していくと、歌は、どんどん上達していきます

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る