先日、友人と久しぶりに食事をしました。
友人は、やさしく、とても気さくで、ついつい、日頃の愚痴を話してしまい、非常に申し訳なく思っているのですが笑
先日も、ついつい日頃の失敗談を聞いてもらいました。
散々、私の失敗談などの愚痴を聞いて頂いた後、友人は私に一言
”いい勉強したね”と言ってくれました。
この言葉、非常に心に響きました。
よくよく考えてみると、世の成功者といわれている人も、実は沢山、失敗してきた歴史があり、しかし成功を諦めず、チャレンジを続け、その経験が大きな成功に結びついています。

成功者の思考法

ユニクロの柳井さんの著書に「1勝9敗」という著書があります。
現在ユニクロは大企業ですが、1984年創業で、その歴史は実は浅く、この数十年で急成長し、大企業になりました。
ではなぜ、短い期間で大企業になれたのかというと失敗を繰り返しても成功を諦めず、攻めの姿勢を崩さなかったからです
ユニクロの柳井さんの「1勝9敗」という著書に、その事が書かれています。
国内店舗を拡大し、フリースの大ヒット!しかし・・・・・・イギリス進出の失敗野菜事業の失敗しかし!ヒートテックやシルキードライ、エアリズムのヒット!
失敗を繰り返すと、多くの人は成功を諦め、委縮し、守り重視になるように思います。
しかしユニクロの柳井さんは、失敗を繰り返しながらも、成功を諦めず、委縮せず、守りにも入らず、攻めの姿勢を崩さなかった事が短期間でユニクロが大企業になっていった大きな要因であるとあると思います。

高音が出るようになるマインド

こういった姿勢や考え方は色んな事に当てはまるように思います。
例えば歌であっても、高音が沢山出る曲が歌いたいけど、自分は高音が出ないからといって諦めてしまうと、一生、高音が沢山出る曲は歌えません。
諦めた時点で将来、高音が沢山出る曲を歌える可能性は0になるわけですから。
しかしいつか高音が沢山出る曲を歌えるようになる為に、諦めずに、前向きにボイストレーニングを続けていると、高音が沢山出る曲を歌える可能性が非常に高まります。
しかし、失敗も沢山あると思います。

高音が出せるようになる為に必要な事

私も最初は高音なんて出せませんでした。
またボイストレーニングを続けていく中で、多くの失敗を経験しました。
しかし、多くの失敗を重ねながらも、私は諦めませんでした。
絶対に高音を出せるようなる!
そう自分を信じ、自分に言い聞かせ、ボイストレーニングを前向きに続けた結果、今ではハイE(2オクターブ高いミの音)まで高音が出るようになりました。
高音を出す為にボイトレを続けるという事は、私は攻めの姿勢だと思います。
高音を出す為にボイトレを続けるという攻めの姿勢を、時には失敗をしながらも、諦めずに継続し続ける事が、高音を出す為に必要なメンタリティなのです。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る