高音が出なくなった場合、いくつかの原因が考えられます。

以下のポイントを確認し、必要に応じて対策を取ることが重要です。

1. 声の使い過ぎ

過度な発声や無理な高音の練習は、声帯に負担をかけ、声が出にくくなる原因になります。

対策:

声を休める時間を設け、声帯の回復を促しましょう。必要であれば、数日間声を出さない「声帯休養」を取ります。

2. 発声法の問題

間違った発声法を続けると、喉に負担がかかり、高音が出にくくなります。

対策:

正しい発声法を見直しましょう。

リラックスした姿勢で、息をしっかりと使いながら発声することが重要です。

専門のボイストレーナーに指導を受けるのも効果的です。

3. 呼吸法の問題

呼吸が浅くなると、十分なサポートが得られず、高音が出にくくなります。

対策:

腹式呼吸を意識して練習しましょう。深く息を吸い、ゆっくりと吐く練習を続けます。

4. 喉の健康状態

喉の乾燥や炎症、アレルギーなども、高音が出にくくなる原因になります。

対策:

喉のケアを徹底しましょう。水分をこまめに摂り、乾燥を防ぎます。

また、喉に優しい食べ物や飲み物を選びましょう。

炎症がある場合は、医師の診察を受けましょう。

5. メンタルの問題

緊張やストレスも、声に影響を与えることがあります。

対策:

リラックスするための方法を取り入れましょう。

深呼吸やストレッチなどが効果的です。

無理をせず、楽しんで練習することを心掛けましょう。

6. トレーニングの見直し

適切なトレーニングができていない場合、高音が出にくくなることがあります。

対策:

以下のようなトレーニングを取り入れてみてください。

スケール練習:低音から高音までスケールを歌い、徐々に声域を広げます。

ウィスパーボイスの練習:地声をウィパーボイスで出す発声練習をします。

裏声練習:軽く「ホー」と発声し、裏声を使う練習をします。

7. 専門家の助けを求める

上記の対策を試しても改善しない場合、専門家に相談することが重要です。

対策:

医師やプロのボイストレーナーに相談し、適切なアドバイスを受けましょう。

高音が出なくなる原因は様々ですが、焦らずに一つずつ対策を取ることで改善することが多いです。

自分の体調や声の状態をよく観察し、無理をせずに取り組んでください。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る