高い声を出そうとすると喉が締まる感じがする場合、喉に過度な緊張がかかっている可能性があります。

以下の方法で、喉の緊張を和らげて高音をスムーズに出す練習をしましょう。

1.ストレッチ

首と肩を中心にストレッチを行います

2. 姿勢の確認

正しい姿勢を保つことで、喉の緊張を和らげます。

姿勢チェック

背筋を伸ばし、肩の力を抜いてリラックスします。

立っている場合は、足を肩幅に開き、安定した姿勢を保ちます。

音程を上下に動かしながら行います。

頭や顔が共鳴しているのを感じます。

3. 腹式呼吸の習得

腹式呼吸は、高音を出す際に喉にかかる負担を軽減します。

練習方法

深く息を吸い込み、お腹を膨らませます。

息を吐くときに「ssss」と音を出しながらゆっくりと吐きます。

お腹がしっかり動いていることを確認します。

4. 音程を段階的に上げる

急に高音を出すのではなく、徐々に音程を上げていく練習をします。

スケール練習

ピアノやスマホのアプリを使って、ドレミファソラシドの音階を弾き、その音に合わせて歌います。

ゆっくりと、正確な音程を意識して行います。

高音に近づくにつれて、声帯がリラックスしていることを確認します。

5. 声の共鳴を意識する

高音を出すときは、頭や顔の共鳴を意識します。

共鳴練習

頭や鼻腔が振動するのを感じながら発声します。

高音を出すときは、声が頭の上部から出ているようにイメージします。

6. 喉の開き方を調整する

喉を開いて発声することで、高音が出しやすくなります。

練習方法

大きなあくびをするように喉を開きます。

その状態で「あー」と発声します。

喉がしっかり開いている感覚を覚えます。

7. ボイストレーナーの指導を受ける

プロのボイストレーナーから指導を受けることで、効果的な改善方法を学べます。

メリット

個々の問題点を的確に指摘してもらえる。

効果的な練習方法を教えてもらえる。

まとめ

高い声を出す際に喉が締まる問題を改善するには、正しい発声法とリラックス方法を学ぶことが重要です。

腹式呼吸を習得し、喉をリラックスさせる練習を続けることで、徐々に高音をスムーズに出せるようになります。

継続的な練習とプロの指導を受けることも有効ですので、焦らず取り組んでください。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る