高音が響かない問題には、いくつかの原因が考えられます。

以下の点を確認し、改善方法を試してみてください。

 

1:姿勢

姿勢が悪いと、声が響きにくくなります。背筋を伸ばし、リラックスした姿勢で歌うことが大切です。

 

2. 声の出し方

喉締め声の改善

高音を出すときに喉が締まってしまうと、声が響かなくなります。

喉を締めずに声を出すように心がけてください。

腹式呼吸

腹式呼吸を使って声を出すことで、声がより遠くまで響くようになります。

息をお腹にためて、そこから声を出す練習をしてみてください。

腹式呼吸を意識し、腹筋を使って声を出すようにすると、より安定した高音が出せるようになります。

 

3. 発声練習の見直し

スケール練習(音階練習)

ドレミファソラシドの音階を上昇・下降しながら発声練習を行いましょう。これにより、声帯の柔軟性が高まり、高音が出しやすくなります。

低音から高音まで徐々に上げていく練習を繰り返し、毎回少しずつ音域を広げることを目指しましょう。

ウィスパーボイス練習

ウィスパーボイス練習は喉の緊張を解きほぐし、高音の発声に効果的です。地声を中心に息漏れ声を意識して練習しましょう

ハミング練習

ハミングの練習をたくさんすると声の響きが上がりますので効果的です。

録音してチェック

自分の声を録音して聞き返すことで、改善点を見つけやすくなります。

 

4. 声帯の健康

適度な休息

声帯を酷使すると、声が響かなくなります。適度な休息を取り、声帯を保護しましょう。

水分補給

十分な水分を摂取することで、声帯の潤いを保ち、響きのある声を出すことができます。

 

5、心理的要因

自信の向上

自信を持って歌うことが大切です。

不安な気持ちが強い時など気持ちが落ち込んでいる時は声は響きません。

自信を持ち、リラックスして歌うことで、声の響きも良くなります。

 

専門家のアドバイス

プロのボイストレーナーに指導を受けることで、正しい発声方法を学ぶことができます。

具体的なアドバイスや指導を受ける事ができますので不安が解消され声が響くようになります。

 

さいごに

これらのアドバイスを試してみて、自分に合った方法を見つけてください。

高音が響かない原因は個人によって異なるので、自分の状態をよく観察しながら練習を続けることが大切です。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る