高い声を出すときに喉仏が上がるのはよくあることですが、これは一般的に避けるべき現象とされています。

高い声を出すときに喉仏(が上がる現象は、多くの人に共通するものですが、喉仏が上がると、喉が緊張し、声帯が適切に振動しにくくなるため、声が詰まったり、力みが生じたりします。

理想的な発声のためには、喉仏をできるだけリラックスさせた状態で高音を出すことが重要です。

 

高い声で喉仏が上がる原因

緊張:
高い声を出そうとすると、喉が緊張しやすくなり、喉仏が上がりやすくなります。

力の入れ過ぎ:
声帯を無理に引き伸ばそうとすると、余計な力が入り、喉仏が上がります。

息の使い方:
息の流れが不十分だと、声を出すために喉の筋肉に頼りがちになり、喉仏が上がることがあります。

 

高い声で喉仏を安定させるためのポイント

リラックス:
首や肩の力を抜いてリラックスすることが重要です。力が入ると喉仏が上がりやすくなります。

正しい姿勢:
頭をまっすぐに保ち、背筋を伸ばします。姿勢が悪いと呼吸が浅くなり、喉に余計な力が入ります。

深い呼吸:
横隔膜を使った深い呼吸を意識します。お腹を膨らませるようにして息を吸い、ゆっくりと吐きます。

正しい発声法:
喉に負担をかけずに声を出すテクニックを身につけることが必要です。

喉仏が上がらないようにするボイストレーニング

鏡を使った練習:
鏡の前で練習し、喉仏の動きを確認します。
自分の喉仏が上がらないように意識しながら声を出すことで、視覚的にフィードバックを得ることができます。

顎の下を指で押しながら練習:
顎の下を指で押しながら練習します。顎の下を指で押した時、顎の下が柔らかいと喉仏は上がっていない状態です。

ウイスパーボイスの練習:
丹田を意識して息漏れ声を意識して発声します

ハミング:
唇を軽く閉じて「んー」とハミングします。
このとき、喉仏が動かないように意識し、鼻や顔の前部に振動を感じるようにします。

ヘッドボイスの練習(裏声):
ヘッドボイスの練習をします。息をたくさん使いながらHOの発音で練習すると効果的です。

高い声で喉仏が上がらなくなる5つのボイストレーニングまとめ

高い声を出す際に喉仏が上がらないようにするためには、リラックスした状態を保つことが重要です。

これらのエクササイズを日々のトレーニングに取り入れ、声帯に負担をかけずに喉仏を安定させる感覚を身につけることで、

より安定した美しい高音が出せるようになります。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る