今回は腹式呼吸と丹田呼吸の違いについてのお話です。

まず丹田呼吸は、おへそから指2〜3本下にある丹田と呼ばれる部分を意識して行う呼吸法です。

では腹式呼吸はどのような呼吸法なのかというと実は腹式呼吸の定義は様々で息を吐く事を意識した呼吸法と表現される事もあったり、横隔膜を上下に動かす呼吸法と表現されたり、胸郭をなるべく動かさずに行う呼吸法と表現されたり、その定義はジャンルや指導者によっては様々です。

私は丹田呼吸も腹式呼吸も実は同じであると考えています。

その理由は結果的にどちらも呼吸に必要な筋肉を使うからです。

呼吸の時に主に使う筋肉は腹斜筋と横隔膜ですが基本的に腹式呼吸も丹田発声どちらも使います。

腹式呼吸という言葉が非常に広い範囲で使われているので丹田呼吸と違うように感じる事もあるかもしれませんが、どちらも呼吸に必要な筋肉を使うので、どちらも同じです。

今回は以上です。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ボイストレーナー小谷

 

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る