「しっかりした声で歌うには,お腹から声を出して歌う」
このようにお考えの方も多いと思います。
確かにしっかりした声で歌うにはお腹を使って声を出さないといけません。
お腹から声を出すためには腹式呼吸で声を出して歌う必要がありますが間違った腹式呼吸で声を出そうとすると、しっかりとした声が出るどころか、非常に声が出しにくくなります。

正しく腹式呼吸で歌うポイントは大きく2つあります。

①姿勢

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景腹式呼吸で歌う時に姿勢が猫背だと息の流れが止まってしまい、腹式呼吸で歌えなくなります。
腹式呼吸で歌うには息の流れを保持させなければいけません。
そうするには背筋を伸ばし、良い姿勢で歌う必要があります。
背筋を伸ばすと息の流れを保持できますので背筋を伸ばして歌う事はとても重要です。

②丹田を凹ませて歌う

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景お腹から声を出そうとすると鳩尾に力を入れてしまう人がいます。
①でも述べましたが腹式呼吸で歌うためには息の流れを保持しなければいけません。
お腹から声を出そうと鳩尾に力を入れると息の流れが止まります。
歌っている時に力を入れる適切な場所は丹田です。
丹田とはオヘソから指2~3本下に位置し、歌っている時は丹田を凹ませ息継ぎの時は丹田を元に戻すというふうに丹田を動かします。

腹式呼吸のボイトレの効果。低音が出しやすくなる?

また腹式呼吸のボイトレを沢山行うと喉仏が下げやすくなります。
喉仏が下げると低音 が響くようになります。

喉の空洞が拡がり豊かで深い声の響きになる

喉仏が下げると低音 が響くようになる理由は大きく分けて2つあって、
①つ目は喉仏を下げることで、喉の空洞が拡がり豊かで深い声の響きになる事。
これは小さいトンネルより大きなトンネルで声を出した方が豊かな響きになる原理です。

声帯がリラックスし低音が出やすくなる

②つ目は喉仏が下がる事で声帯がリラックスし低音が出やすくなる事。
低音を出す時に声帯に力が入っていると低音は鳴りにくくなります。
特に喉頭が下顎方向に上がっていると声帯に力が入り過ぎて低音がなりにくくなります。
理想的な低音を出すには、声帯をリラックスさせておく必要があります。

ボイストレーニングの効果を上げる一番簡単な事

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景私のボイストレーニングは最初は私が指定した曲を練習するのですが、段階が上がると生徒さんの歌いたい曲を中心にしていきます。
その理由は、「好きな曲の方が自然と沢山練習するから」です。

上達するには沢山練習する事が重要です。
様々なジャンルに天才と呼ばれる人がいますが、練習をせずに天才と呼ばれる人はいません。
天才と呼ばれている人ほど沢山練習しています。

また沢山練習した曲は、何年たっても上手に歌えます。
個人的に上手に歌える人ほど何も見ずに歌える曲が沢山あります。
それはこれまで色んな曲を沢山練習してきた証ですし、逆を言えば何も見ずに歌える曲が沢山あるので上手なのだとも言えます。

沢山練習する事は大切です。
また沢山練習するには嫌いな曲だと苦痛になります。
練習が苦痛にならず、沢山練習するには好きな曲が一番だと思いますので、私のボイストレーニングでは段階が上がると生徒さんの好きな曲中心にレッスンしています。

歌とメンタルについて

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景以前のレッスンの事です。

今コンコーネ50番の9を練習している生徒さんがいらっしゃるのですが、コンコーネ50番の9は最初はピアノ伴奏があるのですが、途中からピアノ伴奏が無い部分があります。

今回の生徒さんはコンコーネ50番の9の最初のピアノ伴奏がある部分は問題無く歌えるのですが、ピアノ伴奏が無い部分になるとテンポが乱れ音程も不安定になります。

元々テンポ感や音程は問題のない生徒さんなので、これはメンタルの問題かな?と思い私はその生徒さんに、

「自信をもって歌いましょう!」

とお伝えしました。

すると問題無く歌えるようになりました。

その生徒さん曰く、ピアノ伴奏の無い所になると急に自信が無くなって色々迷ってしまったとの事。

声とメンタルは繋がっていますので、上手に歌うにはメンタルのケアも大切です。

今回は以上です。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ボイストレーナー小谷

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る