歌う時は常に息の流れを確保しなければいけません。
歌う時に息の流れが止まると正常な声帯振動が困難になり、喉に無駄な力が入り声が出しにくくなります。
息の流れを確保するには丹田や横隔膜などの呼吸筋を積極的に使う事が重要ですが、歌う時の姿勢も重要です。
歌う時は、いわゆる背筋を伸ばす姿勢が良いのですが、意外とどうすれば、いわゆる背筋を伸ばす姿勢になるのか分からない方が多いと思います。
また独学で、いわゆる背筋を伸ばした姿勢にしようとすると胸や肩が上がってしまったりして不自然な姿勢になり、かえって声が出しにくくなってる方も多いと思います。
このようになってしまう原因は、いわゆる背筋を伸ばす姿勢にするポイントをご存知でないからだと私は感じています。
いわゆる背筋を伸ばす姿勢になるポイントは体の前面ではなく体の背面であって、とりわけ腰の状態が重要になります。
いわゆる背筋を伸ばす姿勢になるには腰を伸ばします。
そうすると自然と胸が開き息の流れが確保され丹田や横隔膜などの呼吸筋の動きが活発になり声が出しやすくなるのです。
今回は以上です。
今回も最後までお読み頂きましてありがとうございました。
ボイストレーナー小谷

 

当教室では、誠に勝手ながら下記日程を夏季休業とさせていただきたくご連絡させて頂きました。

■夏季休業期間

2021年08月07日(土)~08月18日(水)

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る