横隔膜を使ったボイトレは、強力で安定した発声を可能にします。

以下に、横隔膜を効果的に活用するためのトレーニング方法を紹介します:

横隔膜を使ったボイトレ1:腹式呼吸の練習

仰向けに横になり、手をお腹に置きます。

鼻からゆっくり息を吸い、お腹を膨らませます。次に、口からゆっくり息を吐き、お腹を凹ませます。

この動作を繰り返し、横隔膜を意識して呼吸します。

横隔膜を使ったボイトレ2:息を長く吐く練習

深呼吸をし、できるだけ長く息を吐き続けます。

このとき、「ssss」や「shhh」などの音を立てながら行います。息をコントロールし、横隔膜の動きを意識します。

ポイントは深呼吸をして息を吸い込み、息を吐き出す際にすべての息を吐き切るようにします。

これにより、横隔膜を最大限に活用できます。

横隔膜を使ったボイトレ3:ブレストレーニング

椅子に座り、背筋を伸ばしてリラックスします。手をお腹に置き、深呼吸をして腹式呼吸を意識します。

その後、「ssss」と音を立てながら息を吐きます。このとき、横隔膜の動きを感じるようにします。

横隔膜を使ったボイトレ4:発声練習

音階を使って発声練習を行います。

低い音から高い音へとスケールを移動させながら、腹式呼吸を意識して歌います。

息をしっかりと支え、安定した音を出すことを目指します。

横隔膜を使ったボイトレ5:フレーズを使った練習

好きな曲のフレーズを使って発声練習を行います。腹式呼吸を意識し、息をしっかり支えて歌います。特に長いフレーズや高音部で横隔膜の動きを感じながら練習します。

横隔膜を使ったボイトレ6:フィードバックを受ける

ボーカルコーチからの指導を受けることで、自分の呼吸法や発声法をチェックし、改善点を見つけることができます。

横隔膜を効果的に使うことで、声の安定性と持久力が向上します。

毎日の練習を続け、無理のない範囲でトレーニングを行いましょう。

 

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

友だち追加
LINEからも、お申し込み・お問い合わせができます

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る