今回は声門閉鎖についてのお話です。

①声が生まれる仕組み

まず声が生まれる仕組みについてですが、声は閉じられた声帯を肺から排出された息が通過し、振動して生まれます。

②声門閉鎖の重要性

声帯が閉じられた状態を声門閉鎖といいます。
声を出す上で声門閉鎖はとても重要で、もし声門閉鎖が弱いと声を出す時に声帯が開いてしまい、かすれたような声になってしまいます。
逆に声門閉鎖が強く働き過ぎると声を出す時に左右の声帯が強くぶつかり合って声にノイズが入ったり、また声を出す時の声帯の損傷が激しくなり声枯れの原因になります。
声を出す時に声帯は閉じ過ぎず開き過ぎず適度に開らいていることが重要です。

③どのような練習をすれば良いのか?

とはいえ声門閉鎖されている状態を知って自覚をする事は良い事であると思います。
またそれを歌う時に応用することが出来れば歌える曲も増えますし、特に裏声で声門閉鎖が可能になれば真のミックスボイスが完成されますので、様々な可能性も拡がります。
ではまずどのようなボイストレーニングを行えば良いのかと言うと、まずはエッジボイスで声門閉鎖の自覚をします。
エッジボイスはここでは、あくまで自覚です。
エッジボイスで歌おうとすると強く声門閉鎖している状態なのでノイズが入りますし声帯の損傷が激しくなります。
ですのでエッジボイスでは小さい声良いので声門閉鎖されている状態を自覚します。
エッジボイスで声門閉鎖されている状態を自覚したら今度は、歌っている時に意識しても声に支障が出ない部分で声門閉鎖の働きを促す部分を探します。
歌っている時に声に支障が出ない部分で声門閉鎖の働きを促す部分は上顎です。
歌っている時に上顎に声を当てるようにすると、声門閉鎖が働きます。
練習方法としてはハミングで特に口角と上唇を上歯が全て露出するくらい上げると効果的です。

今回のまとめ

①声門閉鎖は声を出す上でとても重要です。
②声門閉鎖を歌の時に応用できるようになると特に裏声で声門閉鎖が出来るようになると真のミックスボイスが完成し様々な可能性が拡がる
③エッジボイスで声門閉鎖を自覚し、ハミング練習で上顎に声を当てながら歌えれるようになると声門閉鎖を応用して歌えれるようになる。
ハミング練習では特に口角と上唇を上歯が全て露出するくらい上げると効果的

今回は以上です。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ボイストレーナー小谷

 

当教室では、誠に勝手ながら下記日程を夏季休業とさせていただきたくご連絡させて頂きました。

■夏季休業期間

2021年08月07日(土)~08月18日(水)

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

当教室のボイトレを試してみませんか?

大阪市 小谷ボイストレーニング教室のレッスン風景

もし、あなたが声のお悩みを改善したいとお考えなら、しかも自分に合った改善方法を知りたいとお考えなら、一度、当ボイストレーニング教室の体験レッスン(40分)に参加してみませんか?

ぜひ一度、当教室のオリジナルメソッド「丹田発声法」をレッスンで体験してみてください。

そして、あなたの声が美しく、または力強く変化するかどうかを、ぜひお試しください。

体験レッスンについてくわしくは、こちらをクリック⇒

お申し込み・お問い合わせは・お電話・ネットから

お電話でのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

ネットからのお申し込み・お問い合わせはこちらをタッチ

Pocket
LINEで送る