講師紹介

  • HOME »
  • 講師紹介
Pocket
LINEで送る

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

講師:小谷泰久

6歳からピアノを学ぶ

大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業

在学中フスラー発声に出会い学ぶ

オペラは「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」

「パルシファル」「愛の妙薬」「カバレリア・ルスティカーナ」「椿姫」「魔笛」「ジョコンダ」等多数出演

また演歌やポップス等、クラッシック以外のジャンルでも活動

現在関西を中心にボイストレーナー、

ブライダルプレイヤーとして活動展開中

また幼稚園や福祉施設等で演奏活動を行っている

 
 

はじめに

私の教室には普段の話し方や話し声であれば

声が小さい、滑舌が悪い、声がこもる、よく聞き返される、声が震える等

ボーカルや声楽であれば

高音が出ない、ロングトーンが続かない、音程が悪い、声が響かない、声が前に飛ばない等

様々な理由でお越し頂いています。

こういった問題の根本は喉だけの力で声を出そうとしているからです。

喉には声帯があり、声帯があるから声が生まれるので、声を出す時には当然、喉は使うのですが、

声を出す上で重要な部分は喉だけではありません。

喉以外にも重要な部分があるのです。

 
 

私のボイストレーニングの考え

声は肺から排出された息が声帯を通過する際に声帯が振動し声の原音が生まれ、

その後、声帯の振動で生まれた原音が

喉や口腔、副鼻腔など声帯より上の空洞で共鳴する事で声になります。

また声帯の動きが固いと声のトーンが低くなったり、歌唱においては音程が悪くなったりします。

ですので、声の問題を解決するには
①息を吐く力の向上(声帯を振動させる為)
②声の原音を共鳴させる力
③声帯の伸縮力および柔軟性

この3つのポイントが重要になってきます。

 
 

私のボイストレーニングの特徴

私のボイストレーニングは
①息を吐く力の向上(声帯を振動させる為)
②声の原音を共鳴させる力
③声帯の伸縮力および柔軟性

この3つのポイントを踏まえて、

具体的に身体のどの部分をを使い、どのようなボイストレーニングを行い、

そして実践ではどのようにすれば良いのか?といった事を、

個人レッスンさせて頂いております。

 

 

Pocket
LINEで送る

人気ページ