大阪で個人レッスンの小谷ボイストレーニング教室
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • ブログ

ブログ

発声練習の重要性

今回は発声練習の重要性というお話です。 例えばスポーツでストレッチや準備運動をせずに直ぐに競技を行う事は無いと思います。 ストレッチや準備運動をしないと筋肉が硬い状態で競技を行う事になりますからね。 筋肉が硬い状態では高 …

発声の悩みから解放される時

ボイトレを行う上で目指すべきは、「さあ歌うぞ!」となった時に勝手に歌う為に必要な筋肉や器官が無意識に動くようになる事です。 そうするには呼吸筋や共鳴筋、声帯関連筋を一つ一つ取り上げ意識的にボイトレする事が大切です。 意識 …

ボイストレーニングの効果を上げる一番簡単な事

私のボイストレーニングは最初は私が指定した曲を練習するのですが、段階が上がると生徒さんの歌いたい曲を中心にしていきます。 その理由は、「好きな曲の方が自然と沢山練習するから」です。 上達するには沢山練習する事が重要です。 …

緊急事態宣言再延長になって感じる事

緊急事態宣言が再延長されました。 当教室は通常、新大阪のココプラザという大阪市の施設でレッスンを行っているのですが、緊急事態宣言中は使用不可となっているので、現在は梅田のRHYという民間のスタジオでレッスンを行っています …

声が出しやすくなる意外な方法

レッスンをしていて、声を出し辛そうにしている生徒さんには共通点があります。 それは「声を出している時のフォームが前屈みである事」です。 まず呼吸筋、共鳴筋、声帯関連筋の3つの力がバランスよく働く事で生まれます。 特に呼吸 …

クラシックとポピュラーの共通点とは?

今回は「クラシックとポピュラーの共通点とは?」というお話です。 例えばクラシックは楽譜通りに歌う事が基本です。 楽譜から明らかに逸脱した歌い方をしてはいけません。 楽譜通りに、限られた範囲内で自己表現しているのがクラシッ …

オンラインレッスンの効果

5月も下旬になってきました。 現在発出中の緊急事態宣言は5月31日までとなっていますが、はたして期限内に終わるのか?延長になるのか現地点では不透明です。 現在当教室ではご希望の生徒さんはオンラインレッスンを行っています。 …

上達のスピードが速い生徒さんの共通点

日々たくさんの生徒さんのボイストレーニングのレッスンをさせて頂いていて常々、上達のスピードが速い方には共通点があると感じています。 それは上達のスピードが速い方ほどご自身の弱点をよく知っている事です。 ご自身の弱点をよく …

体験レッスンあるある!体験レッスンで一番聞かれる質問とは?

5月になり「何か始めようかな?」といった季節になりました。 4月に何か新しい事へチャレンジされる方が多いイメージがありますが、4月は新年度に向けた準備などで忙しく、それらが一段落した5月に新しい事へチャレンジされる方が多 …

声門閉鎖について

今回は声門閉鎖についてのお話です。 ①声が生まれる仕組み まず声が生まれる仕組みについてですが、声は閉じられた声帯を肺から排出された息が通過し、振動して生まれます。 ②声門閉鎖の重要性 声帯が閉じられた状態を声門閉鎖とい …

ボーカルフライのやりすぎに注意!

まずボーカルフライとは完全に声門閉鎖をした状態で声を出す方法です。 日本ではエッジボイスという名前で知られていますが、世界的にはボーカルフライと呼ばれています。 ボーカルフライをすると強い声が出ますので、ついついボーカル …

喉仏を下げるボイトレで低音が出るようになる?

喉仏を下げるボイトレをすると低音 が響くようになります。 理由は大きく分けて2つあって、 ①つ目は喉仏を下げることで、喉の空洞が拡がり豊かで深い声の響きになる事。 これは小さいトンネルより大きなトンネルで声を出した方が豊 …

エッジボイスで声帯閉鎖を鍛えると良い声になるのか?

以前ある生徒さんから「エッジボイスの練習をすると声門閉鎖が鍛えられて良い声になりますか?」というご質問を頂いたことがあります。 エッジボイスとは声帯を完全に閉じた状態から無理やり声を出す方法です。 練習方法として多いのが …

歌とメンタルについて

おはようございます。 ボイストレーナー小谷です。 先日のレッスンの事です。 今コンコーネ50番の9を練習している生徒さんがいらっしゃるのですが、コンコーネ50番の9は最初はピアノ伴奏があるのですが、途中からピアノ伴奏が無 …

アンザッツについて(喉頭懸垂機構および外喉頭筋肉)

声は喉頭の中にある声帯が内喉頭筋の働きで閉じられ、肺から排出された呼気により振動し声になります。 しかし、声を出す時に喉頭が、どの位置にあるかで声の出しやすさが決まります。 例えば高音を出す時に喉を締めしまい、思うような …

喚声点が弱い人は必見!喚声点が無くなる方法について

喚声点の悩み ・喚声点が不安定 ・喚声点が弱い ・喚声点は、どこ ・喚声点がわからない ・喚声点が、きつい ・喚声点で声がガラガラになる ・喚声点で声がかすれる 喚声点とは 喚声点とは中音から高音にかけて音色が微妙に変化 …

私の大阪音楽大学受験記!声楽の個人レッスンを求めて

  憂鬱だった高校一年生 高校に入学した直後から私は憂鬱でした。 将来、何になろう? 私は勉強もスポーツも得意ではなく、自分の将来が不安でした。 高校入学直後に抱いた私の憂鬱は結局、一年間続きました。 自分は何 …

ハモリの悩みの記事

自分はソプラノ?メゾ?アルト?その判断基準は? 合唱団などではパート決めの際、高い声が出るからソプラノ、低い声が出るからアルト、などといった単純な判断基準でパートを決定するケースが多いように思います。 その決定にご本人が …

2月の発表会の感想

かなり久しぶりの記事の投稿になってしまいました! 申し訳ございませんでした。 言い訳をさせて頂きますと、 ここしばらく私自身の本番や 当教室の発表会や体験レッスンなど 立て続けておりまして、 最近ようやく落ち着いてまいり …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.