大阪で個人レッスンの小谷ボイストレーニング教室
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • ブログ

ブログ

声の老化について

最近、ボイトレで声の老化を対策したいという事で、私のボイストレーニングを受けられる方が増えてきました。 体もそうですが、何もしなければ残念ながら年を重ねるつれ、 ・声が出しにくくなったり、 ・すぐに声が枯れてしまったり、 …

声がすぐに疲れてしまう原因

声がすぐに疲れてしまう原因 声がすぐ疲れてしまうのは、喉の力だけで声を出しているからです。 声は喉の中にある声帯が閉じられ、振動することで生まれます。 しかし、これだけでは声は外に伝わりません。 声の生まれる仕組み 閉じ …

高音は出るけど響かない原因を解消する3つのポイント

高音は出るけど響かない原因 高音は出るけど響かない。 という事は声帯の伸展は問題ないかもしれません。 高音は声帯がシッカリ伸展していないと出ませんので。 あと考えられることは、 ・声帯の振動不足 ・声門閉鎖の不足 ・共鳴 …

あなたのハスキーボイスの原因

ハスキーボイスの原因 ハスキーボイスの原因は様々考えられるのですが、まずは声帯がシッカリ閉じられていない事が考えられます。 声帯がシッカリ閉じられていない原因として、 ①声帯を閉じる力が弱い ②声帯にポリープなどの疾患が …

歌っていると声にバリバリとノイズが入る原因と解決方法

歌っていると声にバリバリとノイズが入る原因 以前のレッスンである生徒さんが、”歌っていると声にバリバリとノイズが入る” という相談を受けました。 レッスンでお声を聴かせて頂くと確かにバリバリとノイズが入っていました。 私 …

歌で息が続かなかった生徒さんが息が続くようになった意外な原因

歌で息が続かない原因 先日のレッスンである生徒さんから、”1フレーズ息が続かない”という相談を受けました。 実際に歌って頂いて気づいた事がありました。 それは、 “歌詞で歌うとブツ切れ …

歌いにくくなる意外な原因

歌いにくくなる意外な原因 先日ある生徒さんに、 ”何も考えずに歌いましょう” とアドバイスすると、 歌いにくそうにされて生徒さんが 途端に歌いやすそうに歌われました なぜその生徒さんは歌いにくそうにされていたのか それは …

なぜ喉声で歌うとダメなのか?

声が生まれる仕組み まず声が生まれる仕組みを簡単に説明すると、 肺から排出された息が声帯を振動させ、声の原音が生まれます 声帯の振動で生まれた声の原音はその後、口腔、副鼻腔など、 声帯より上の空洞で共鳴し声になります。 …

間違ってませんか?歌で正しいお腹凹ます方法

歌で間違ったお腹を凹ます部分 よくボイストレーニングを始められた生徒さんに多いのが、お腹から歌おうとして鳩尾を凹ませてしまう事です。 声は閉じた声帯に息が通過し振動し生まれますので、歌っている時は常に息を流し続けなければ …

声をシッカリさせる方法(息の流出と声門閉鎖)

声をシッカリさせる方法①声帯の振動数を増やす 声をシッカリさせるには、 ①声帯の振動数を増やす事です。 声は閉じた声帯が振動することで生まれますが、 声帯の振動数が少ないと弱弱しい声になってしまいます。 では声帯の振動数 …

声の響きがグングン良くなる!ボイストレーニング!

声の響きが良くなると声はどうなる? 声の響きが良くなると、声の通りが良くなり、 高音が出やすくなったり、 そんなに声量を使わなくても、 シッカリした声で歌えるようになります。 声の響きを良くするボイストレーニングは? 声 …

効果絶大!意外なボイトレ効率を上げる方法

以前、ある高校生の生徒さんが、“自分の声、嫌いなんですよーだってこの前、自分の声を録音して聴いてみると変な声だったからー“とお話しして頂きました。 この生徒さんの声は決して変な声ではありません。 非常に前向きで充実した声 …

声の響かせ方編・声の響きの向き

声の響きの向き 声の響きには向きがあります。 上を向いているか。 下を向いているか。 歌やスピーチ、プレゼンを行う場合は、上向きの響きの声が望ましいです。 上向きの響きの声になるには表情筋のトレーニングが欠かせません。 …

通る声になる声帯の鍛え方ボイトレ

当ボイストレーニング教室に通われて方の理由は様々で、最近、特に多い理由として通る声になりたい!という理由で当ボイストレーニング教室に通われている方も沢山いらっしゃいます。 通る声になるには 呼吸筋 共鳴筋 声帯筋 これら …

歌で横隔膜を使うメリット

横隔膜を下げるとどうなるのか? 横隔膜は肺の下にあります。 横隔膜を動かすと横隔膜は下に動きます。 すると、横隔膜の動きに連動して肺も下に下がります。 肺が下に降りてくると、横隔膜が下がる以前の空間に比べて、非常にスペー …

合理的な発声法

今回は合理的な発声法というお話です。 練習効率を上げる方法 私が生徒さんに練習効率を上げる方法でおススメしているのが、”自分の声を録音する事”です。 自分の声を録音すると自分の声を客観的に聴くことができるので、歌っている …

通る声になる発声練習の前に(横隔膜と声帯)

「通る声」という言葉をよく耳にしますが、具体的に通る声とは何でしょうか? 今回は通る声について解説します。 「通る声」とは? 「通る声」の説明の前にまず、「声」とは何でしょうか? 「声」とは、大まかに言ってしまうと、「音 …

声が出しやすくなる意外な方法

レッスンをしていて、声を出し辛そうにしている生徒さんには共通点があります。 それは「声を出している時のフォームが前屈みである事」です。 声の生まれる仕組み  まず声は呼吸筋、共鳴筋、声帯関連筋の3つの力がバランスよく働く …

ボイトレの基礎の基礎

歌う時は常に息の流れを確保しなければいけません。 歌う時に息の流れが止まると正常な声帯振動が困難になり、喉に無駄な力が入り声が出しにくくなります。 息の流れを確保するには 息の流れを確保するには丹田や横隔膜などの呼吸筋を …

ボイストレーニングの効果を上げる一番簡単な事

ボイストレーニングの効果を上げる一番簡単な事 私のボイストレーニングは最初は私が指定した曲を練習するのですが、段階が上がると生徒さんの歌いたい曲を中心にしていきます。 その理由は、「好きな曲の方が自然と沢山練習するから」 …

発声の悩みから解放される時

ボイトレを行う上で目指すべき領域 ボイトレを行う上で目指すべき領域は、「さあ歌うぞ!」となった時に勝手に歌う為に必要な筋肉や器官が無意識に動くようになる事です。 そうするには呼吸筋や共鳴筋、声帯関連筋を一つ一つ取り上げ意 …

歌っていて音程が下がってしまう原因

今回は歌っていて音程が下がってしまう原因について解説します。 歌っていて音程が下がってしまうのは 歌っていて音程が下がってしまうのは ①音の認識不足 ②声の響きが悪い ③声唇の運動過多 この3点が考えられます。 ①音の認 …

鼻腔共鳴のボイストレーニングについて

鼻腔共鳴とは 鼻腔共鳴はその名の通り 鼻腔とういう鼻の奥の空洞に声を響かせるボイストレーニングです。 効果 鼻腔共鳴の効果ですが、 鼻腔共鳴のボイストレーニングを沢山行うと 声の響きがどんどん増強して、自然と声量が上がり …

ウィスパーボイスと裏声の違い

ウィスパーボイスとは ウィスパーボイスとは日本語に直訳すると”ささやき声”で、声に息が沢山混じった”息漏れ声”のイメージです。 ウィスパーボイスを出すと声帯は開いた状態です。 裏声は? 裏声は輪状甲状筋が優位に働いた状態 …

喉仏を下げるボイトレで低音が出るようになる?

喉仏を下げるボイトレをすると低音 が響くようになります。 理由は大きく分けて2つあります。 深い声の響きになる ①つ目は喉仏を下げることで、喉の空洞が拡がり豊かで深い声の響きになる事。 これは小さいトンネルより大きなトン …

イイ響きの声で歌えるボイストレーニング

歌が上手な人の特徴として声の響があります。 歌が上手な人ほど低音がら高音まで素晴らしい響を持って歌っているように思います。 ですので歌の上達には声の響きをボイトレする必要があります。 声の響きを上げるポイント 歌を上手に …

読めば納得!歌う時に鼻で息を吸う理由

歌う時は口だけではなく鼻でも息を吸いましょうと生徒さんにお伝えする事があります。 なぜかいうと鼻でも息を吸うと口だけで息を吸っている時に比べてメリットが多いからです。 今回は歌う時に鼻で息を吸う理由についてお伝えします。 …

なぜ変声期中は声が出にくい?

変声期で上手く声が出せずにお困りの方も多いと思います。 今回の記事で変声期のお悩み改善のキッカケになれれば幸いです。 変声期とは 変声期とは成長過程において、 声帯を囲んでいる軟骨と外喉頭筋が同じように成長せずに、 バラ …

歌で上手に息を吸う方法

よく生徒さんに、「歌っている時に上手に息を吸う方法を教えてほしい」というご要望を頂きます。 意外と歌っている時の息の吸い方った難しいですよね。 しかしコツを掴めば意外と楽に息が吸えるようになります。 もし歌っている時に上 …

発声練習の重要性

今回は発声練習の重要性というお話です。 発声練習の必要性 例えばスポーツでストレッチや準備運動をせずに直ぐに競技を行う事は無いと思います。 ストレッチや準備運動をしないと筋肉が硬い状態で競技を行う事になりますからね。 筋 …

緊急事態宣言再延長になって感じる事

緊急事態宣言が再延長されました。 当教室は通常、新大阪のココプラザという大阪市の施設でレッスンを行っているのですが、緊急事態宣言中は使用不可となっているので、現在は梅田のRHYという民間のスタジオでレッスンを行っています …

クラシックとポピュラーの共通点とは?

今回は「クラシックとポピュラーの共通点とは?」というお話です。   クラシックに特徴 例えばクラシックは楽譜通りに歌う事が基本です。 楽譜から明らかに逸脱した歌い方をしてはいけません。 楽譜通りに、限られた範囲 …

レッスンの事:上達のスピードが速い生徒さんの共通点、オンラインレッスンの効果、体験レッスンあるある!体験レッスンで一番聞かれる質問とは?

上達のスピードが速い生徒さんの共通点 日々たくさんの生徒さんのボイストレーニングのレッスンをさせて頂いていて常々、上達のスピードが速い方には共通点があると感じています。 それは上達のスピードが速い方ほどご自身の弱点をよく …

私の大阪音楽大学受験記!声楽の個人レッスンを求めて

  憂鬱だった高校一年生 高校に入学した直後から私は憂鬱でした。 将来、何になろう? 私は勉強もスポーツも得意ではなく、自分の将来が不安でした。 高校入学直後に抱いた私の憂鬱は結局、一年間続きました。 自分は何 …

合唱、ハモリの悩みのまとめ記事

自分はソプラノ?メゾ?アルト?その判断基準は? 合唱団などではパート決めの際、高い声が出るからソプラノ、低い声が出るからアルト、などといった単純な判断基準でパートを決定するケースが多いように思います。 その決定にご本人が …

2月の発表会の感想

かなり久しぶりの記事の投稿になってしまいました! 申し訳ございませんでした。 言い訳をさせて頂きますと、 ここしばらく私自身の本番や 当教室の発表会や体験レッスンなど 立て続けておりまして、 最近ようやく落ち着いてまいり …

お出かけ演奏会

2017お出かけ演奏会 2月20日に和歌山県日高川町立三百瀬小学校と和歌山県日高川町立山野小学校にて出張演奏会を行ってきました♪ 日高川町立三百瀬小学校にて 日高川町立山野小学校にて お越しいただいた皆様、ありがとうござ …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.